関西大学学術リポジトリ >
1200 教育推進部 >
教育開発支援センター >
関西大学高等教育研究 >
関西大学高等教育研究-第9号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/13287

Title: 交渉学を活用したアクティブラーニング型授業の効果検証
Authors: 田上, 正範
Author's alias: TAGAMI, Masanori
Keywords: 関西大学
Kansai University
交渉学
深い学習アプローチ
学習効果
アクティブラーニング
授業実践
Issue Date: 10-Mar-2018
Publisher: 関西大学教育開発支援センター
Shimei: 関西大学高等教育研究
Volume: 9
Start page: 79
End page: 84
Abstract: 本稿は、アクティブラーニング型授業の効果検証プロジェクト(代表:溝上慎一)における質問紙調査(授業数183クラス、回答数9691名)の協力先の1つとして、その全体平均と当該授業(交渉学)の比較結果について考察したものである。アクティブラーニング(AL)の測定項目として注目していた「AL尺度(外化)」と「深い学習アプローチ」の値が、当該授業において高い結果を示した。当該授業の特徴を踏まえ、定量的な比較結果から当該授業の定性的な分析を行うものである。
Description: 本稿における質問紙調査結果は、JSPS 科研費16H03075(代表:溝上慎一)の助成を受けた研究成果を活用させて頂きました。
研究ノート
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13287
ISSN: 21856389
NCID: AA12626037
Text Version: publisher
Appears in Collections:関西大学高等教育研究-第9号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1200-20180310-10.pdf1.24 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP