関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
人間健康研究科 >
人間健康研究科論集 >
人間健康研究科論集-第1巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13319

タイトル: 昭和の女子野球 : その興亡の要因
タイトル(その他言語/よみかな): Japanese Women's Baseball in the Showa Era : Factors of it's rise and fall
著者名: 八木, 久仁子
著者の別表記: YAGI, Kuniko
キーワード: 関西大学
Kansai University
女性
野球
昭和
アプレゲール
Women
Baseball
the Showa Era
Après-guerre Girls
論文発行年月日: 2018年3月30日
出版者: 関西大学大学院人間健康研究科院生協議会
雑誌名: 人間健康研究科論集
巻: 1
開始ページ: 29
終了ページ: 49
抄録: 昭和20年代、終戦後の日本に数年間「女子プロ野球」なるものが存在した。敗戦の虚無感と貧困にあえぐ混迷の中、人々は憂さを晴らし安直に快感を味わえる新しい娯楽を求め、スポーツに希望を見出した。なかでもGHQ の民主化政策により後押しされた野球はいち早く復興を果たし、人々は野球に熱狂した。この戦後の新しい娯楽を求める世相に野球熱が高まり誕生したのが「女子プロ野球」である。女性解放の波に乗り社会に進出したアプレゲール(戦後派)女性たちは「女子プロ野球」に新しい女性の生き方としての期待を寄せていた。昭和22年横浜から始まった「拙い女子野球」は、男女平等の民主的で新しい時代を予感させるものだった。これをうけて健康で明るい娯楽として女子プロ野球チームが相次いで創設され、容姿端麗な女性による野球興行はショー的演出も盛り込み男性ファンに歓迎された。選手は野球のできるコンパニオンとして遠征先で地元名士との交歓に励み人気を博した。初めこそマスコミにもてはやされ、昭和25年のピーク時にはチーム数が30近くにまで膨れ上がった女子プロ野球であったが、野球そのものの実力が低く、ほどなく飽きられると興行収入はがた落ち、経営基盤が脆弱な球団は数カ月もたずに解散してしまった。残ったチームは昭和27 年ノンプロ野球に転換して、選手は親会社の社員となり女子野球は企業の「動くPR部隊」として昭和30年代を生き延びた。しかし昭和40年代、男子プロ野球人気が劇的に高まったのとは対照的に、女子野球は徐々に衰退していった。日本経済の巨大化とともに企業スポーツも高度化し、企業のビジネス観でスポーツの価値が測られるようになると、女子野球はTV 時代の広告塔としての価値が無いものと判断されてしまったのである。また産業構造が変化し豊かになった家庭では女性の専業主婦志向が高まり、競技を続ける女性には実業団ソフトボールへと進む途が確立したからである。
After the World War II, a women's professional baseball league was founded in Japan. In those days, most of Japanese suffered from poverty and absent-mindedness, therefore they demanded cheap and make-do amusements. They enjoyed excitement from sports, especially from baseball. The "après-guerre" girls had hope in baseball and their future. However, the expectations of the manager side who began Japanese women's professional baseball league as business were not the same things as players. The first Japanese women's baseball game played as spectator sports was performed by the dancers of Ginza in 1947. The game became the reputation, so that the manager gathered high-school girls and ex- high-school girls to make another team, then to make a league. The selection standard of the player in the league was good looks, not the good skills. The number of the teams swelled to nearly 30 in the peak of 1950. Most teams were located in urban area, but they did a play often in a district. At the beginning, women's professional baseball praised by the media, but has been got tired soon because of the players' low skills. The box-office proceeds fell rapidly, and the baseball team where a management base was weak was dissolved for several months. The team left switched it to non-professional in 1952. Japanese women's baseball teams survived over a decade as a PR troopers of the sponsor company. Popularity of the men's professional baseball increased dramatically for the TV era in the second half of 1960’s. To the contrary, the women's baseball gradually disappeared. It has been judged that the women's baseball did not have the value as the advertising tower of the TV era. The full-time homemaker intention of the woman so increased that they thought it was desirable to play softball, which was considered more feminine than baseball.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13319
ISSN: 24338699
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:人間健康研究科論集-第1巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20180330-03.pdf681.59 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP