関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
人間健康研究科 >
人間健康研究科論集 >
人間健康研究科論集-第1巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13321

タイトル: 認知症地域支援業務を推進する要因 : レジリエンス・燃え尽き・ネットワークに注目して
タイトル(その他言語/よみかな): Factors Promoting Dementia Community Support Program : Focusing on resilience, burnout and network
著者名: 森岡, 朋子
黒田, 研二
著者の別表記: MORIOKA, Tomoko
KURODA, Kenji
キーワード: 認知症地域支援業務
レジリエンス
燃え尽き
専門職間ネットワーク
ソーシャル・サポート
認知症地域支援推進員
Dementia Community Support Program
Resilience
Burnout
Professional Network
Social Support
Dementia Community Support Promoters (DCSPs)
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2018年3月30日
出版者: 関西大学大学院人間健康研究科院生協議会
雑誌名: 人間健康研究科論集
巻: 1
開始ページ: 65
終了ページ: 82
抄録: 本研究は、認知症地域支援業務を推進する要因として、レジリエンス、燃え尽き(バーンアウト)の防止、サポート・ネットワークの存在を想定し、その仮説を検証することを目的とした。新しい業務を開拓していくには、職員のレジリエンスが関係し、逆に燃え尽きは抑制的に作用するのではないか。また、特に市町村を超えた現場職員同士のネットワークは、認知症への取組みに関する情報交換の場となり、業務上の困難感を軽減するのではないかとの仮説を立てた。Z府認知症地域支援推進員フォローアップ研修の場で、研修受講者(認知症地域支援推進員、市町村認知症施策担当職員、その他)101名を対象に質問紙を配布した。そのうち93名が研修終了後に質問紙に回答した。質問紙調査は無記名とし、内容は、回答者の属性のほか、認知症地域支援業務尺度、レジリエンス尺度、燃え尽き尺度、ソーシャル・サポート尺度、職場サポート尺度で構成した。認知症地域支援業務得点に関連する要因を見出すために、重回帰分析を行った結果、レジリエンス得点、燃え尽き得点、職種(推進員・それ以外)、推進員連絡会への参加状況が有意に関連していた。すなわち、レジリエンス得点が高いほど、また燃え尽き得点が低いほど、さらに、推進員以外の場合、推進員連絡会に参加している場合に、認知症地域支援業務得点は高い傾向が認められた。本調査により、認知症地域支援業務を推進するためには、推進員のレジリエンスを高め、燃え尽きを予防していくことが重要であることが明らかになった。また定期的に顔を合わせる推進員連絡会は、認知症への取組みに関する情報交換の場となり、専門職間のネットワークやサポートを提供しており、重要な役割を果たしていることが示唆された。
The purpose of this study is to investigate the factors promoting a dementia community support program. In this study, we assumed that resilience, prevention of burnout, and support network of individual staff as factors promoting the dementia community support program. Regarding the development of new endeavor, the resilience of the staff in charge is involved, and on the contrary, burnout may act inhibitingly. In addition, we hypothesized that a network of staff members across municipalities would be a place of information exchange on efforts towards dementia, which could alleviate the task difficulty. A questionnaire survey was conducted during the training seminar of Dementia Community Support Promoters (DCSPs). The subjects of the survey were 101 trainees (DCSPs and municipal staff managing programs against dementia), and of them, 93 persons responded to the questionnaire, which consisted of characteristics of subjects, dementia community support program scale, resilience scale, burnout scale, social support scale, and work support scale. A multiple regression analysis was performed to determine the variables related to the dementia community support program score. Results showed that the resilience score, burnout score, role of staff, and liaison meetings of DCSPs were significantly related to the dementia community support program score. Resilience of individual staff and prevention against burnout were found to be important factors that promote the dementia community support program. The liaison meetings of DCSPs, which ensure the network of DCSPs across municipalities and opportunities to exchange information how to tackle dementia, are also promoting factors.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13321
ISSN: 24338699
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:人間健康研究科論集-第1巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20180330-05.pdf813.93 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP