関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
関西大学外国語学部紀要 >
関西大学外国語学部紀要-第18号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13405

タイトル: Análisis de un libro de texto de español como segunda lengua extranjera a través de los cuatro puntos de la competencia comunicativa
タイトル(その他言語/よみかな): 第二外国語としてのスペイン語の教科書分析 : コミュニケーション能力の4観点から
著者名: SHIOTA, Sayaka
著者の別表記: 塩田, 紗矢佳
キーワード: 関西大学
Kansai University
教科書分析
コミュニケーション能力
教材
教師の役割
論文発行年月日: 2018年3月
出版者: 関西大学外国語学部
雑誌名: 関西大学外国語学部紀要 = Journal of foreign language studies
巻: 18
開始ページ: 5
終了ページ: 20
抄録: 「コミュニケーション」を目標に作成され、広く大学で使われている、第二外国語としてのスペイン語の教科書『スペイン語とわたし』(廣康・モレノ・モジャノ・ビバンコス,2013)を、Canale and Swain (1980)およびCanale (1983)で提唱されたコミュニケーション能力の4つの構成要素である「文法能力」、「社会言語学的能力」、「談話能力」、「方略能力」の観点から分析し、その目的に合う教授法を導くべく考察した。その結果、上記4観点についてすべてを含んでいることが明らかとなった。しかしながら、「文法能力」以外の育成については、教科書のどの活動がどの能力育成につながるかを授業者が読み取る必要がある。また、それをもとに、スペイン語の授業における言語活動をおこなう際には、コミュニケーションの目的や使用場面などに意識を向けるよう学習者に働きかけることも、授業者の役割として求められる。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13405
ISSN: 18839355
書誌レコードID: AA12450939
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学外国語学部紀要-第18号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20180300-01.pdf200.25 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP