関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要 >
Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13417

タイトル: フォーカシング創成期の2つの流れ : 体験過程尺度とフォーカシング教示法の源流
タイトル(その他言語/よみかな): Two Streams in the Early Period of Focusing: The Sources of the Experiencing Scales and Focusing Instructions
著者名: 田中, 秀男
池見, 陽
著者の別表記: TANAKA, Hideo
IKEMI, Akira
キーワード: 関西大学
Kansai University
ロジャーズ
クライエント中心療法
必要十分条件
ジェンドリン
EXPスケール
Carl Rogers
Client-Centered Therapy
The necessary and suffi cient conditions
Eugene Gendlin
EXP scales
論文発行年月日: 2016年3月8日
出版者: 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
雑誌名: Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要
巻: 6
開始ページ: 9
終了ページ: 17
抄録: ユージン・ジェンドリンがフォーカシングを提唱したきっかけとして、カール・ロジャーズのもとで行われていた以下の2 つのリサーチ結果が、著作『フォーカシング』(Gendlin, 1981)で挙げられている。「1.心理療法の成功と相関があったのは、クライエントが“何を”話したかではなく、“いかに”話したかであった」「2.心理療法が成功するか/失敗するかは、ごく初期の面接から予測できてしまう」。実は、この2つは、ジェンドリンに先行する研究者たちによる別のリサーチの流れだったことがわかってきた。上記の1.がEXPスケール(体験過程尺度)の源流であり、上記の2.がフォーカシング教示法の源流である。本稿では、こうした2つのリサーチの流れがジェンドリンに継承されることで、どのように合流して現在の「フォーカシング」となったの かを提示する。
Carl Roger's group conducted two types of research studies that motivated Eugene Gendlin (1981) to advocate Focusing: 1.〝Success in therapy correlated not with what the clients talked about, but with how they talked." 2.〝Success or failure in therapy could be predicted from the early interviews." In fact, these two types of research studies were derived from different streams conducted by researchers who preceded Gendlin. Th e first type of research study above is the source of the Experiencing scales, and the second type of study is the source of Focusing instructions. In this article, the author attempts to show how Gendlin developed these two streams, merging them together to form what is now called 〝Focusing".
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13417
書誌レコードID: AA12590224
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Psychologist : 関西大学臨床心理専門職大学院紀要-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20160308-00.pdf875.93 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP