関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
法学部 >

法学部-雑誌発表論文等 : [16]

コレクションのホームページ

 
 
あるいは、ブラウズ 

検索結果表示: 1 - 16 / 16
発行日タイトル著者
2014年6月Balancing Fairness and Efficiency in the Globalized Competition Law Enforcement: Insights from JFTC ExperiencesTAKIGAWA, Toshiaki
2011年6月30日Pacific Bell Telephone Co. v. Linkline Communications, Inc., 555 U.S. 438 (2009)―反トラスト法上の取引提供義務を有しない企業は,「価格圧搾(price squeeze)」を実施してもシャーマン法2条に違反する独占行為とは認められない滝川, 敏明
2017年8月15日Standard-Essential Patents and the Japanese Competition Law in Comparison with China, the US and the EUTAKIGAWA, Toshiaki
2004年1月30日United States of America v. Visa U.S.A. Inc.,163 F. Supp. 2d 322 (S.D.N.Y. 2001)ーカード上位2社のどちらかの取締役会メンバー銀行にもう一方の カード発行を許す規約は,シャーマン法1条に違反しない.その2社がそれぞれメンバー銀行に対抗カード発行を禁止することは同条に違反する滝川, 敏明
2005年1月30日Verizon Communications lnc.,v. Law Offices of Curtis Trinko,LLP.,124 S. Ct. 872 (2004)一取引拒絶を違法な独占行為と認定する場合は厳しく 限定しなければならない.ただし,短期的利益を無視してライヴァルを倒そうとするような場合には違法性を認定する. 電気通信法違反は必ずしも反トラスト法違反を意味しない滝川, 敏明
2014年9月ジョイントベンチャーにおける競争者間協調~反トラスト法基準と日本のJASRAC事件~滝川, 敏明
2007年排除行為の違法判定ー競争法基準と独禁法への示唆滝川, 敏明
2015年11月15日標準必須特許の高額ロイヤルティと排他的ライセンス条項 : 中国クアルコム事件の日米韓EUとの比較滝川, 敏明
2017年5月15日標準必須特許ライセンスと反トラスト法・独禁法 : トランプ政権下の米国と中国滝川, 敏明
2015年4月15日独禁法と反トラスト法域外適用の限定基準 : 米国モトローラ事件と日本のテレビ用ブラウン管事件滝川, 敏明
2002年11月27日私のおすすめの本 なぜ人は結婚しないのか千藤, 洋三
1999年12月31日稲本洋之助 『近代相続法の研究 ―フランスにおけるその歴史的展開』千藤, 洋三
2000年4月15日第12章 遺留分千藤, 洋三
1989年5月10日第20講 家庭紛争の予防と調停千藤, 洋三
1984年4月第八章 連帯債務の相続千藤, 洋三
1984年4月第十九章 死亡退職金と相続千藤, 洋三

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP