関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第67巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/13564

タイトル: プロ野球の得点分析 : ガンマ・ポアソン分布の適用例
タイトル(その他言語/よみかな): On the score distribution of the teams belong to NPB. : An application of Gamma-Poisson distribution
著者名: 松尾, 精彦
著者の別表記: MATSUO, Akihiko
キーワード: 関西大学経済論集
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2017年6月20日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 関西大学経済論集
巻: 67
号: 1
開始ページ: 1
終了ページ: 45
抄録: この論文は、プロ野球の一試合あたりの得点分布がどのような形状をしているかを、2012年シーズンについて調べたことがきっかけである。試しにあるチームの得点分布をガンマポアソン分布にあてはめてみたところ、適合度は極めて良好であった。そこで、セントラル・リーグ(以下セリーグと略記する)、パシフィック・リーグ(以下パリーグと略記する)合わせて12チームについて5シリーズわたってデータ入力し、統計分析ソフトウェアJMR(R)を用いて、ガンマ・ポアソン分布に従っているかについて調査したものである。調査してさらに分かったことは、失点の分布もまたガンマ・ポアソン分布に従っているといえることである。延べ60チームの得点分布と失点分布をグラフィカルに表し、適合度の高さをしめす。このあてはまりの良さを用いれば、プロ野球のレギュラー・シーズンのシミュレーションが可能になる。つまり、この論文は今後のシミュレーションを行うための根拠となる。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13564
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第67巻 第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20170620-01.pdf6.27 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP