関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第49巻 第4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/13614

Title: 1790年代英語圏における《革命》概念 : バーク対ペイン論争の一断面
Other Titles: Conceptions of "Revolution" in the English-Speaking World of the 1790's : An Aspect of the Burke-Paine Controversy
Authors: 中澤, 信彦
Author's alias: Nakazawa, Nobuhiko
Keywords: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
エドマンド/バーク
トマス/ペイン
革命
反革命
革新
改革
言語慣習
Issue Date: 15-Mar-2000
Publisher: 關西大学經済學會
Shimei: 關西大學經済論集
Volume: 49
Issue: 4
Start page: 339
End page: 352
Abstract: これまでのバーク研究は,政界進出以後のバークを,フランス革命勃発を境に二分 ―国王ジョージ3世の専制を批判し,政党政治の確立による議会政治の健全化を唱え,アメリカ植民地の主張に理解を示した「自由主義者」=「前期」バーク,それに対して,容赦ないフランス革命批判を展開した「保守主義者」=「後期」バーク― し,「両者は連続しているのか断絶しているのか,連続しているのなら両者を貫く基本的原理は何か」を問うこと,いわゆる「バーク(のコンシステンシー)問題」を研究上のスタンダードな図式としてきた。最近の内外の研究動向としては,「consistent Burke陣営」が優勢なように見受けられるし,筆者も概ねその陣営を支持している。しかし,「バークは名誉革命とアメリカ革命を擁護した時と同じ論理によってフランス革命を論難した」とする「consistent Burke陣営」の理解には,重大な事実の見落としがある。すなわち,バークはアメリカ植民地の独立を「革命」とは呼ばなかった,という事実である。なぜバークは同じ原理によって擁護したはずの二つの歴史的事件―1688年と1776年―のうちの一方だけを「革命」と呼びもう一方をそう呼ばなかったのか? 他方,バークの論敵ペインは, 1776年と1789年を二つながら「反革命」とも呼んだ。本稿では,こうした18世紀末英語圏の「革命」概念の錯綜性を焦点にして,バーク対ペイン論争に新たな一筋の光を投げかけてみたい。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13614
ISSN: 04497554
NCID: AN00046869
Series/Report no.: 経済学文献季報分類番号; 03-42, 03-43, 01-21
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學經済論集-第49巻 第4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20000315-03.pdf1.25 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP