関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第48巻 第4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/13629

Title: 先進国の賃金格差
Other Titles: Wage Inequality in Developed Countries
Authors: 小田, 正雄
Author's alias: ODA, Masao
Keywords: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
特殊的要素モデル
賃金格差
教育費用
Issue Date: 15-Mar-1999
Publisher: 關西大学經済學會
Shimei: 關西大學經済論集
Volume: 48
Issue: 4
Start page: 395
End page: 406
Abstract: 1980年以降先進諸国で顕著になった賃金格差を説明するために,特殊的要素モデルをtwostageに拡張する。このモデルを用いて,賃金格差の外生的要因と考えられる市場開放,技術進歩,労働輸入の効果を明らかにすると共に,教育費用と賃金格差の関係を明らかにする。さらに賃金格差を含む産業調整のプロセスや賃金格差と貿易の関係について考察する。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/13629
ISSN: 04497554
NCID: AN00046869
Series/Report no.: 経済学文献季報分類番号; 15-11, 06-10
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學經済論集-第48巻 第4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-19990315-03.pdf995.91 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP