関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第59巻 第4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/14000

Title: [研究ノート] アダム・スミスにおける視覚と道徳と経済 : 堂目卓生著『アダム・スミス』に寄せて
Other Titles: [Note] Visibility, Morality and Economy in Adam Smith's Thought : A Note on Takuo Dome's Adam Amith
Authors: 中澤, 信彦
Author's alias: Nakazawa, Nobuhiko
Keywords: 関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
アダム・スミス
エドマンド・パーク
『国富論』
『道徳感情論』
視覚
日常景観
保守思想
漸進的改革論
Issue Date: 10-Mar-2010
Publisher: 關西大学經済學會
Shimei: 關西大學經済論集
Volume: 59
Issue: 4
Start page: 321
End page: 333
Abstract: 『道徳感情論』と『国富論』において展開されたアダム・スミスの議論を、道徳と経済に関する論理一貫したひとつの思想体系として再構築した堂目卓生氏の近著を手がかりに、そこでの主張と方法を敷衍することを通じて、スミスの穏健で漸進的な改革思想の基盤としての視覚的契機を素描し、併せて、同時代人であるエドマンド・パークの保守思想との親近性を展望する。「『国富論』に道徳的要素を読み込むことは、『国富論』における「経済学の成立」の思想史的意義を減ずることにつながる」とする一般的見解に対して、本稿は異議を唱えるものである。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/14000
ISSN: 04497554
NCID: AN00046869
Series/Report no.: 経済学文献季報分類番号; 01-21, 02-11, 03-10, 03-43, 05-21, 05-41
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學經済論集-第59巻 第4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20040310-04.pdf1.13 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP