関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
法学部 >
關西大學法學論集 >
關西大學法學論集-第58巻 第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/1537

タイトル: 死刑選択基準は変化したのか : 光市事件を素材に
タイトル(その他言語/よみかな): Did the Hikari City Case Influence the Sentencing Standard between the Death Penalty and the Life Imprisonment with Parole ?
著者名: 永田, 憲史
著者の別表記: NAGATA, Kenji
キーワード: 死刑
無期懲役
刑罰
刑事司法
論文発行年月日: 2009年3月10日
出版者: 關西大學法學會
雑誌名: 關西大學法學論集
巻: 58
号: 6
開始ページ: 73
終了ページ: 96
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/1537
ISSN: 0437648X
書誌レコードID: AN00047180
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學法學論集-第58巻 第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100HB-200903110-01.pdf1.8 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP