関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
文学部 >
文学部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/15894

タイトル: Developmental considerations of executive function evaluated using neuropsychological examinations
タイトル(その他言語/よみかな): 神経心理学的検査を用いて評価した実行機能の発達的側面
著者名: SANADA, Satoshi
KADO, Yoko
TSUSHIMA, Yasuko
HIRASAWA, Toshimi
SHINTANI, Mai
NAKANO, Kousuke
OGINO, Tatsuya
著者の別表記: 眞田, 敏
加戸, 陽子
津島, 靖子
平澤, 利美
新谷, 真似
中野, 広輔
荻野, 竜也
キーワード: 関西大学
Kansai University
executive function
neuropsychological examination
development
neuronal maturation
論文発行年月日: 2018年3月31日
出版者: 広島文化学園大学大学院教育学研究科
雑誌名: Childhood Studies = 子ども学論集
巻: 4
開始ページ: 1
終了ページ: 10
抄録: Children with executive dysfunction may have a decreased quality of life. Neuropsychological tests include the Stroop test, Trail-making Test, Wisconsin Card Sorting Test, Continuous Performance Test, and the Rey-Osterrieth Complex Figure Test are administered to evaluate the above functions. To broaden the opportunities for clinical application,we have modified these tests to make them applicable to younger children and to obtain their standard values. The purpose of this research is to study the developmental aspects of these tests, focusing on the difference between the original method and the modified method. Index scores that reflected executive function were rapidly reduced until 9 to 11 years of age, and developments showed a deceleration during the adolescent period. This result was comparable with that of the index scores of the original tests. We also discussed the involvement of background neuronal maturation associated with developmental changes in these tests.
実行機能の障害は、子どもの生活の質の低下につながる可能性があるため、Stroop Test,Trail Making Test, Wisconsin Card Sorting Test, Continuous Performance Test,Rey-Osterrieth Complex Figure Testなどの神経心理学的検査を用いて同機能を適切に評価することが求められている。すでに我々は、これら検査の臨床応用の機会を広げるために、低年齢の子どもに運用が可能な短縮版を開発し成果の報告を行ってきた。本研究は、従来の方法と短縮化された方法との成績の違いに焦点を当て、これらのテストの発達的側面を研究することを目的とした。実行機能を反映した指標のスコアは、9歳から11歳まで急速に減少し、発達は青年期に減速傾向を示した。この結果は、従来の検査の指数スコアと同等であった。我々はまた、これらの検査指標における発達的変化と背景に存在するニューロン成熟課程との関連についても考察した。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
著作権等: (C)広島文化学園大学院教育学研究科:このデータは、広島文化学園大学院教育学研究科の許諾を得て作成しています。
URI: http://hdl.handle.net/10112/15894
ISSN: 21878145
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文学部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20180331-00.pdf718.69 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP