関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
関西大学東西学術研究所紀要  >
関西大学東西学術研究所紀要 -第36輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/16220

タイトル: 宋代の山水画論について(一)
タイトル(その他言語/よみかな): Views on Chinese-style Landscape Paintings in Sung Era
著者名: 山岡, 泰造
著者の別表記: YAMAOKA, Taizo
キーワード: 関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2003年3月31日
出版者: 関西大学東西学術研究所
雑誌名: 関西大学東西学術研究所紀要
巻: 36
開始ページ: 77
終了ページ: 93
抄録: Guo Xi was originally a private artist and man of letters, but was appointed to a position as court painter in Shen Zong's reign. He was in Shen Zong's favor and painted most of the pictures on room partitions in the buildings at Court. Examining the characteristics of his landscape paintings based on his discussions of arts,、LinGuan Gao Zhi', the richness of elements in his paintings and the structural details are evident. With these characteristics, he created 'landscape paintings from the heart' filled with feelings, which suited the innovative trend of the time.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/16220
ISSN: 02878151
書誌レコードID: AN0004709X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学東西学術研究所紀要 -第36輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20030331-04.pdf1.55 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP