関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
文学部 >
關西大學文學論集 >
關西大學文學論集-第68巻 第1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/16264

Title: 日本統治時代台湾產鮮魚の海外搬出
Other Titles: Overseas Export of Fresh Fish from Taiwan during the Japanese Occupation Era
Authors: 松浦, 章
Author's alias: MATSUURA, Akira
Keywords: 日本台湾統治時代
鮮魚
マグロ
カジキ鮪
輸出
移出
関西大学
Kansai University
関西大学文学論集
Issue Date: 30-Jul-2018
Publisher: 關西大學文學會
Shimei: 關西大學文學論集
Volume: 68
Issue: 1
Start page: 35
End page: 55
Abstract: 日清戦争に勝利した日本は1895年以降ほぼ半世紀にわたって台湾を統治するが,その時代に台湾の農產業は日本への移出により大いに発展したことは,これまで多くの研究によって明らかにされている。しかし,それに対して水產業の分野ではどのようであったかについてこれまでほとんど看過されてきた。そこで,本論文は,日本の台湾統治時代の水產品の輸出や移出とりわけ鮮魚の海外搬出について述べたい。
Description: 本稿は,平成30年度科学研究費助成事業「日治時代・台湾南方澳の高知県漁民等の「移民村より見た近代黒潮流域圏交流史の特質」(研究代表者:高知大学教育研究部人文社会科学系・吉尾寛教授)による成果の一部である。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/16264
ISSN: 04214706
NCID: AN00047169
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學文學論集-第68巻 第1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20180730-02.pdf847.69 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP