関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
商学部 >
關西大學商學論集 >
關西大學商學論集-第63巻 第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/16299

Title: インパクト評価は公共サービスの質を改善するか?
Other Titles: Does Impact Measurement Improve the Quality of Public Services?
Authors: 馬場, 英朗
Author's alias: BABA, Hideaki
Keywords: エビデンスに基づく政策
成果連動型契約
業績測定
事業評価
ソーシャル・インパクト・ボンド
関西大学
Kansai University
関西大学商学論集
Issue Date: 25-Sep-2018
Publisher: 關西大學商學會
Shimei: 關西大學商學論集
Volume: 63
Issue: 2
Start page: 31
End page: 41
Abstract: エビデンスに基づく政策に対する関心が高まっており,公共サービスのイノベーションや財政削減に対する活用が期待されている。そのための成果測定手法として,インパクト評価の導入が諸外国で取り組まれており,その評価結果に応じて報酬の支払いを判断する成果連動型契約も広がりつつある。インパクト評価は,(1)成果を単なる数値指標ではなく,プログラムが生み出した変化分として測定する,(2)プログラムが成果を生み出す因果関係を,データなどのエビデンスを用いて立証する,(3)最終成果だけでなく初期的・中間的な成果を含み,経済的な成果だけでなく社会的な波及効果も含まれる,という点で従来型の成果測定手法とは異なっている。インパクト評価を機能させるためには,プログラムの達成状況を測定するための業績測定としての視点と,政策の効果をモニタリングして予算の見直しに生かす事業評価としての視点を区別し,各々の目的に応じて二段階の評価の仕組みを使い分けることが有用である。
Description: 本稿は2017年度関西大学在外研究,JSPS科研費16K04021(研究代表者:馬場英朗),文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(研究代表者:塚本一郎)の助成による研究成果の一部である。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/16299
ISSN: 04513401
NCID: AN00047023
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學商學論集-第63巻 第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20180925-02.pdf1.34 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP