関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
総合情報学部 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第48号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/16398

タイトル: NPM再考 : 評価手法に注目して
タイトル(その他言語/よみかな): Reconsidering New Public Management : Focusing on Techniques of Evaluation
著者名: 木谷, 晋市
著者の別表記: KITANI, Shinichi
キーワード: 新公共管理 (NPM)
行政管理
評価
new public management (NPM)
administrative management
evaluation
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2018年10月15日
出版者: 関西大学総合情報学部
雑誌名: 情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要
巻: 48
開始ページ: 1
終了ページ: 20
抄録: New Public Management (NPM)は,官僚制の作動を改善する手法として1980年代から世紀転換の頃に世界的に広まり,日本においても90年代半ばから導入が進んだ.もっとも,このNPMも2000年前後には問題点も指摘され,政府機構及びその運営の改革に関する新しい多様なアイディアが提案されようになった.それらは「ポストNPM」と呼ばれている.しかし,これらの多様なアイディアには混乱も見られる.この原因の一つは,NPM の「新しさ」についての理解が不十分であることであるように思われる.そこでこの論文では,旧来の行政管理論とNPMを評価の視点で比較し,NPM の管理改革に果たした役割を再検討しておきたい.
The rise of New Public Management (NPM) since the 1980s has been one of the most striking international trends in public administration. It has been criticized since about the year 2000, and several new ideas for governmental reform have been advocated. This group of ideas is called post-NPM. However, many differences exist among these ideas. It seems that one of the causes of these differences has to do with what is "new" in NPM. Thus, the purpose of this article is to determine the differences between Old Public Administration (OPA) and NPM.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/16398
ISSN: 1341156X
書誌レコードID: AN10484636
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第48号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20181015-01.pdf611.19 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP