関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
総合情報学部 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第48号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/16399

タイトル: 三井化学の事業構造改革の経営分析
タイトル(その他言語/よみかな): Financial Analysis of the Business Structure Reform of Mitsui Chemicals, Inc.
著者名: 北島, 治
著者の別表記: KITAJIMA, Osamu
キーワード: 事業構造改革
リストラクチャリング
財務分析
三井化学
Business structure reform
Restructuring
Financial analysis
Mitsui Chemicals, Inc.
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2018年10月15日
出版者: 関西大学総合情報学部
雑誌名: 情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要
巻: 48
開始ページ: 21
終了ページ: 40
抄録: 本論文は,多くの事業を抱える企業が実施した事業構造改革が好調な経営業績を生み出していることを財務分析によって解明した事例研究である.事例として取り上げた企業は,日本の総合化学企業の3番手の地位にある三井化学株式会社である.三井化学は,1997年10月に,企業規模の拡大を目的に,三井石油化学工業と三井東圧化学との合併によって設立された.設立後の10数年間,三井化学は,景気変動の波に影響されやすく利益の振れ幅が大きい基礎化学品事業の売上高構成比率が高い事業構造であった.しかし,この事業構造は,2008年のリーマンショック後の世界的不況時に,三井化学を他の総合化学企業よりも厳しい経営業績に追い込んだ.この経営業績の悪化を克服するために,三井化学は,2014年に複数のプラントの停止と工場の閉鎖という大規模な事業再構築(リストラクチャリング)を実施した.その結果,三井化学は景気変動の波に影響されにくく利益の振れ幅が小さい新たな事業構造を構築した.この事業構造改革によって,2015年度以降,三井化学は最高の利益水準を達成し,また更なる成長のための長期経営計画を実行している.
This paper is a case study conducted with the help of financial analysis, which elucidated that a business structure reform implemented by a company with well-expanded business produces brisk corporate performance. The company selected for this study is Mitsui Chemicals, Inc., the third largest petrochemical manufacturer in Japan. Mitsui Chemicals was established by the merger of Mitsui Petrochemical Industries and Mitsui Toatsu Chemicals in October 1997 to expand the companies' corporate scale. For more than ten years after its establishment, Mitsui Chemicals had a business structure wherein a ratio of sales of the basic chemicals business to overall sales was higher than other petrochemical manufacturers. The basic chemicals business is easily influenced by the wave of economic fluctuation and allows corporate earnings to fluctuate widely. However, this business structure drove Mitsui Chemicals into corporate performance, which was severer than other petrochemical manufacturers during the world recession after the Lehman Shock in 2008. To overcome the aggravation of corporate performance, Mitsui Chemicals implemented large-scale restructuring, stoppage of several plants, and closure of the Kashima factory in 2014. As a result, Mitsui Chemicals created a new business structure that was not easily influenced by the wave of economic fluctuation and allowed corporate earnings to fluctuate with a narrow width. Through this business structure reform, since the 2015 fiscal year, Mitsui Chemicals has received the highest corporate earnings. Additionally, it conducts long-term business planning for further growth.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/16399
ISSN: 1341156X
書誌レコードID: AN10484636
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第48号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20181015-02.pdf1.56 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP