関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第8号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/16406

タイトル: 中谷翫古をめぐる一考察 : 明治・大正期の木彫が遭遇した苦難
タイトル(その他言語/よみかな): Over the sculptor Nakatani Ganko : Crisis in the Modern Japanese Wood Sculpture
著者名: 石川, 哲子
著者の別表記: ISHIKAWA, Tetsuko
キーワード: 中谷翫古
中谷省古
日本近代彫刻
木彫
平櫛田中
関西大学
Kansai University
論文発行年月日: 2018年11月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 8
開始ページ: 21
終了ページ: 34
抄録: Nakatani Ganko (1868-1937), noted Japanese sculptor, regarded the sculpture form as a fine art and worked earlier in the transition period from an ornament for Tokonoma to a fine art of the values in the sculpture. He specialized in the genre of the female figure in color and was appreciated in some of Tokyo's artistic circles, but was largely unknown today, as were his creative activities, and most of his works have sadly been lost. As a result, academic work on Modern Japanese Wood Sculptures has been generally silent, and, thus, is unable to shed a substantial light on either the background to, or circumstances behind, the sculpture genre. This paper looks at the predicament of the modern wood sculpture genre, and in so doing attempts to cast light on Ganko's contribution in terms of the genre.
内容記述: 東アジアの言語と表象 (East Asian languages and Representations)
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/16406
ISSN: 21874395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第8号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20181130-02.pdf2.47 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP