関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第67巻 第3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/16436

Title: 『バーク読本』(昭和堂、2017年8月)の編集から見えてきたこと
Other Titles: An Editing Postscript to A Companion to Burke, eds. Nobuhiko Nakazawa and Hideki Kuwajima (Kyoto: Showado, 2017)
Authors: 中澤, 信彦
Author's alias: Nakazawa, Nobuhiko
Keywords: バーク
マルサス
保守主義
関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
Issue Date: 10-Dec-2017
Publisher: 關西大学經済學會
Shimei: 關西大學經済論集
Volume: 67
Issue: 3
Start page: 353
End page: 364
Abstract: このたび『バーク読本-保守主義の父〉再考のために』と題する書籍を刊行する機会に恵まれた。同書は、科研費にもとづく共同研究の研究成果として、専門分野を異にする10名のバーク研究者が執筆したものである。この小論では、筆者が編者として編集作業の過程で振り返らざるをえなかった自分自身の研究史に触れながら(Ⅰ)、同書がバーク研究・保守主義研究のいかなる新地平を切り拓こうとしたのかを確認し(Ⅱ)、同書の成果がこれからのマルサス研究にもたらす豊かな可能性の一端を瞥見したい(Ⅲ)。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/16436
ISSN: 04497554
NCID: AN00046869
Series/Report no.: 経済学文献季報分類番号;01-21;02-11;03-40;03-43
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學經済論集-第67巻 第3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20171210-07.pdf545.28 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP