関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
法学部 >
關西大學法學論集 >
關西大學法學論集-第32巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/1788

タイトル: 特別受益と遺留分減殺に関する一考察(二・完): 評価基準時を中心として
タイトル(その他言語/よみかな): Une étude sur le rapport successoral et la réduction des libéralités : en matiére de la date de l’évaluation du bien (2)
著者名: 千藤, 洋三
著者の別表記: SENTO, Yozo
キーワード: Kansai University
関西大学法学論集
論文発行年月日: 1982年7月10日
出版者: 關西大學法學會
雑誌名: 關西大學法學論集
巻: 32
号: 2
開始ページ: 253
終了ページ: 279
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/1788
ISSN: 0437648X
書誌レコードID: AN00047180
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學法學論集-第32巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100HR-19820710-01.pdf1.61 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP