関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第36巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/1813

タイトル: 非臨床群における強迫観念と不合理な信念
タイトル(その他言語/よみかな): Obsessions and irrational beliefs in non-clinical samples
著者名: 久本, 博行
著者の別表記: HISAMOTO, Hiroyuki
キーワード: 強迫観念
強迫性障害
不合理な信念
非臨床群
Padua Inventory
日本版Irrational Belief Test
Obsessions
Obsessive compulsive disorder
Irrational Beliefs
Non-clinical samples
Japanese Irrational Belief Test
論文発行年月日: 2005年3月25日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 36
号: 2
開始ページ: 95
終了ページ: 118
抄録: The obsessions of non-clinical samples were investigated by using Japanese version of Padua Inventory(PI). Subjects were 185 university students(76 males and 109 females). In addition, it divided into a high, a medium, and a low group of the obsession by the score of PI, and the relation between height of the obsession and irrational belief was examained. Japanese Irrational Belief Test(JIBT) by Matsumura(1991) was used as a scale of irrational belief. There were significant differences in five scales "Self expectation", "Problem avoidance", "Helplessness over inside", "Dependence", and "Helplessness over outside" of JIBT. It was found that irrational belief strengthens, too, if the obsession is strong in non-clinical samples.
杉浦、丹野(2000)によって日本語化されたSanavio(1988)のPadua Inventory(PI)を用い、非臨床群の強迫観念についての調査を行った。被験者は、大学生185名(男子76名、女子109名)であった。さらに、PIの得点により強迫観念の高、中、低群に分け、強迫観念の高さと不合理な信念の関連について調べた。不合理な信念の尺度として、松村(1991)による日本版 Irrational Belief Test(Japanese Irrational Belief Test: JIBT)を用いた。そして、JIBTの「自己期待」、「問題回避」、「内的無力感」、「依存」、「外的無力感」の5尺度に有意差があった。臨床群だけでなく、非臨床群においても強迫観念の強度が高いものほど、不合理な信念を持つことが示された。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/1813
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第36巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100SG-20050325-01.pdf2.62 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP