関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第39巻 第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/2022

Title: 行動、思考から注意へ : 行動療法の変遷とマインドフルネス (Mindfulness)
Other Titles: Behavior and Thought to Attention: Change of Behavior Therapy and Mindfulness
Authors: 久本, 博行
Author's alias: HISAMOTO, Hiroyuki
Keywords: Attention
Mindfulness
Meditation
Mindfulness-Based Cognitive Therapy
Mindfulness-Based Stress Reduction
注意
マインドフルネス
瞑想
マインドフルネス認知療法
マインドフルネス・ストレス低減法
Issue Date: 30-Mar-2008
Publisher: 関西大学社会学部
Shimei: 関西大学社会学部紀要
Volume: 39
Issue: 2
Start page: 133
End page: 146
Abstract: Behavior therapy of the first generation was designed to influence maladjusted behavior. Cognitive therapy as the second generation of behavior therapy was designed to improve emotions/moods by influencing thoughts away from the necessity of treating unpleasant emotions like depression. Behavior therapy of the third generation is mindfulness therapy that is designed to control emotions/moods by operating on attension. It introduces mindfulness-based stress reduction and mindfulness-based cognitive therapy as examples of mindfulness therapy.
第1世代の行動療法は、不適応行動を改善するために行動を操作しようするものであった。さらにうつのような不快な気分や感情を治療する必要から、思考を操作することによって気分や感情を改善しようとする第2世代の認知療法が生まれた。そして、第3世代の行動療法として注意を操作し、気分や感情をコントロールするマインドフルネスな治療法が生まれてきた。マインドフルネスな治療の具体例として、マインドフルネス・ストレス低減法とマインドフルネス認知療法を紹介した。
Description: <特集>感情心理学の応用
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2022
ISSN: 02876817
NCID: AN00046982
Text Version: publisher
Appears in Collections:関西大学社会学部紀要-第39巻 第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20080330-07.pdf805.41 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP