関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第34巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/2254

タイトル: 因子分析における探索の意味と方法
タイトル(その他言語/よみかな): Implications and Methodologies of Exploration on Factor Analysis
著者名: 清水, 和秋
著者の別表記: SHIMIZU, Kazuaki
キーワード: factor analysis
exploratory purpose
sampling error
model error
initial factor matrix estimation method
improper solution
communality
oblique factor rotation
Promax
Rotoplot
reference structure
factor pattern
因子分析
探索目的
標本誤差
モデル誤差
初期因子行列の推定方法
不適解
共通性
斜交因子回転
準拠構造
因子パターン
論文発行年月日: 2003年3月24日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 34
号: 2
開始ページ: 1
終了ページ: 36
抄録: The methodology of exploratory factor analysis has contributed for searching the dimensionality and for constructing the scales representing the structure of dimensions in the fields of psychological research. This paper discussed the issues on the model errors in the common factor analysis model for exploratory purposes according to MacCallum & Tucker (1991). Demonstrating the differences between principal factor solution and maximum likelihood solution for the six variables data, the procedures for exploratory factor analysis were also discussed.Insisting on the utility of the graphical user interface for the determination of the numbers of factor by Scree and Strata Graph and the oblique factor rotation for simple structure on the reference structure matrix by Rotolopt method,an oblique system of factor vectors and reference axis vectors were developed using the matrix notation.   探索的因子分析の方法論は、心理学研究分野において、次元の探求と次元の構造を反映する尺度の構成に貢献してきた。本稿では、MacCallum & Tucker(1991)に従って、探索目的の共通因子分析モデルにおけるモデル誤差の問題を議論した。6変数データの主因子法の解と最尤法の解との違いを示しながら、探索的因子分析の手順についても議論した。ScreeとStrata Graphによる因子の数の決定、そして、Rotoplot法による準拠構造行列についての単純構造への斜交因子回転でのグラフィカルなユーザー・インタフェースの有用性を強調しながら、因子軸ベクトルと準拠軸ベクトルの斜交の体系を行列表記で展開した。
内容記述: 本稿は平成14年度関西大学学部共同研究の成果の一部である。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2254
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第34巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100SK-20030300-01.pdf1.42 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP