関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第34巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/2257

タイトル: 構造方程式モデリングによる平均構造の解析モデル
タイトル(その他言語/よみかな): Mean Structure Analysis Models by Structural Equation Modeling
著者名: 清水, 和秋
著者の別表記: SHIMIZU, Kazuaki
キーワード: structural equation modeling
structural mean model
factorial invariance
longitudinal data analysis
correlation and covariance
Amos
LISREL model
career development
構造方程式モデリング
構造平均モデル
因子的不変性
縦断データ分析
相関と共分散
LISREL モデル
キャリア発達
論文発行年月日: 2003年3月24日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 34
号: 2
開始ページ: 83
終了ページ: 108
抄録: The purposes of this paper are to introduce some recent methodological developments on the mean structure analysis models of structural equation modeling (SEM) for longitudinal data and to illustrate the utilitiy of graphical user-interfaces for such modeling methodologies. Two kinds of cohort data sets collected from the entire student body of a certain junior high school on four occasions (December, 1988, June, 1989, December, 1989, and December, 1990) are used for SEM analysis. The following four kinds of analyses are conducted using the Amos:(1)Simplex model to confirm the stability of the educational career maturity scale on four occasions, (2)Latent Growth Model to identify the growth line of educational career maturity, (3) Longitudinal factor analysis model with the structural means on trait anxiety and state anxiety,and (4)Multi-sample simultaneous longitudinal factor analysis models with the structural means of educational self-efficacy scales on career decision making and career planning. The factorial invariance issues for the measurement model are also discussed relating the sampling errors in the common factor model.    本稿の目的は、縦断的データへの構造方程式モデリング(SEM)の平均構造モデルに関する最近の方法論の発展を紹介することであり、そして、そのようなモデル化の方法論にグラフィカルなユーザー・インタフェースが有用であることを示すことである。ある中学校の全生徒を対象として4回の機会において収集した2種類のコーホート・データをSEM 分析に使用する(1988年12月、1989年6月、1989年12月、そして1990年12月)。次の4種類の分析がAmosを使っておこなわれた:⑴4つの機会における教育的進路成熟尺度の安定性を確認するためのSimplex モデル、⑵教育進路成熟の成長線を確定するための潜在成長モデル、⑶特性不安と状態不安についての構造平均のある縦断的因子分析モデル、そして⑷キャリア意思決定とキャリア計画との教育的自己効力感についての尺度構造平均のある多標本同時縦断的因子分析モデル、である。測定モデルについての因子的不変性問題もまた、共通因子モデルの標本誤差との関係で議論された。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2257
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第34巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100SK-20030300-03.pdf2.46 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP