関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
関西大学外国語教育研究 >
関西大学外国語教育研究-第15号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/2487

タイトル: Conceptual Metaphors Underlying the Semantic Extensions of the English Demonstratives THIS and THAT
タイトル(その他言語/よみかな): 英語指示詞This/Thatの意味拡張を動機付けている概念メタファー
著者名: KIKUCHI, Atsuko
著者の別表記: 菊地, 敦子
キーワード: discourse deictic (文脈指示詞)
referent (指示対象)
semantic motivation (意味の動機付け)
cognitive lexical semantics (語彙の認知的意味)
conceptual metaphor (概念メタファー)
論文発行年月日: 2008年3月
出版者: 関西大学外国語教育研究機構
出版者の別表記: Institute of Foreign Language Education and Research Kansai University
雑誌名: 関西大学外国語教育研究
巻: 15
開始ページ: 13
終了ページ: 28
抄録: 英語のThisとThatは、文脈指示詞として様々な方法で使われる。その用法はいずれも現場指示詞としてのThisとThatの用法に基づいていると言われているが、実際にどのようにしてこれらの文脈指示詞としての用法が現場指示詞としての用法と結びついているのかは論じられていない。本研究では、認知意味論の枠組みを使って、文脈指示詞の用法を動機付けている概念メタファーを探る。その基本となっているのは、「談話空間は物理的空間である」、そして「談話空間の中の指示対象は物理的空間の中の物体である」という概念メタファーである。また、「心理的距離は物理的空間距離である」という概念メタファーによって、指示対象が話者に近いか、遠いかを判断し、ThisかThatのいずれかを選んでいると考えられる。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2487
ISSN: 13467689
書誌レコードID: AA11583868
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学外国語教育研究-第15号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100GK-20080300-02.pdf128.03 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP