関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
関西大学外国語教育研究 >
関西大学外国語教育研究-第15号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/2490

タイトル: ドイツ語圏スイスにおける言語状況:標準変種の規模化と方言の拡大
タイトル(その他言語/よみかな): The Language Situation in German-speaking Switzerland : Codification of the Standard Variety and extending Use of Dialects
著者名: 高橋, 秀彰
著者の別表記: TAKAHASHI, Hideaki
キーワード: ダイグロシア (diglossia)
標準変種 (standard variety)
変異形 (variante)
複数中心地言語 (pluricentric language)
論文発行年月日: 2008年3月
出版者: 関西大学外国語教育研究機構
出版者の別表記: Institute of Foreign Language Education and Research Kansai University
雑誌名: 関西大学外国語教育研究
巻: 15
開始ページ: 71
終了ページ: 85
抄録: In German-speaking Switzerland, its standard variety of the German language is principally used as a written language, and dialects of each region are made use of in conversation of any situation and formality, which is characterized as diglossia. A new tendency is, however, to be observed that the Swiss German standard variety is being codified more than ever and dialects are more often used also in those situations where the standard variety has been used. This article reviews whether this diglossia is being undermined and which varieties of German can function as identity markers in Switzerland.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2490
ISSN: 13467689
書誌レコードID: AA11583868
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学外国語教育研究-第15号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100GK-20080300-05.pdf385.94 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP