関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
関西大学外国語学部紀要 >
関西大学外国語学部紀要-第 2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/2626

タイトル: Deportment for the Praxis of Tea, according to the Enshû School; Part One
タイトル(その他言語/よみかな): 茶道遠州流による茶の湯における普段の立ち居振る舞い(1)
著者名: A. Stephen, Gibbs
著者の別表記: アントニー・スティーヴン, ギブズ
Kyugetsuan Sosyun
汲月庵宗駿
キーワード: rite
praxis
kinetic aesthetics
social cooperation
儀礼
営み
運動の美学
社交的協力
論文発行年月日: 2010年3月
出版者: 関西大学外国語学部
雑誌名: 関西大学外国語学部紀要 = Journal of foreign language studies
巻: 2
開始ページ: 73
終了ページ: 110
抄録: この第一部は、まず茶之湯の概観を簡単に試みてから、それを学ぶことによって得られうる、ためになることを列挙してみる。次いで、第1章では、茶室内の歩行、起立したままでの方向転換、座り方・立ち上がり方、正座の営み方、建具の開け閉め、手先の扱い方、行の礼(辞儀)と草の礼のやり方と使い分け方、視線の扱い方、声の出し方、道具の運び方、点て法ほうの運動の基盤といった、茶礼に参加するための常識的立ち居振る舞いの基本を解説する。 第2章では、薄茶を喫する機会を中心としながら、茶室への席入り、床の間などの拝見、適切な席への進み方から、一つの菓子器に盛られた菓子の取り方、干菓子の取り方、菓子の食べ方、使用済みの菓子器の扱い方、茶一服の他客への運び方、自らの一服の運び方、茶の飲み方、更なる一服の所望のしかた、亭主に点法の仕舞いを願うこと、両器(茶器と茶杓)の拝見と返しのあつかいかた、そして退席のしかたを順番に述べる。ただし、両章において、約束事や型の描写だけではなく、なるべくその営み方の妥当性・適性・都合の好さなどの説明も付け加える。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2626
ISSN: 18839355
書誌レコードID: AA12450939
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学外国語学部紀要-第 2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100GK-20100300-06.pdf331.32 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP