関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
関西大学外国語学部紀要 >
関西大学外国語学部紀要-第 2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/2629

タイトル: 関西大学図書館所蔵ちりめん本の整理
著者名: 石原, 敏子
著者の別表記: ISHIHARA, Toshi
論文発行年月日: 2010年3月
出版者: 関西大学外国語学部
雑誌名: 関西大学外国語学部紀要 = Journal of foreign language studies
巻: 2
開始ページ: 49
終了ページ: 72
抄録: In the mid-Meiji era, Takejiro HASEGAWA started commercially producing crepe paper books, and soon other publishers followed him. These books were mostly Japanese fairy tales that were translated into European languages and were printed on crepe paper with colorful hand-made prints. These crepe paper books, first intended for learners of foreign languages in Japan, soon drew the attention of foreigners who bought them as gifts for people abroad. Crepe paper books deserve in-depth critical research as an interesting artistic phenomenon in the history of publication, and also in view of the development of picturebooks. Kansai University Library owns nearly one hundred crepe books, and in this paper, I present compiled data in the following lists.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2629
ISSN: 18839355
書誌レコードID: AA12450939
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学外国語学部紀要-第 2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100GK-20100300-05.pdf364.23 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP