関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
関西大学外国語学部紀要 >
関西大学外国語学部紀要-第 3号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/2639

タイトル: Deportment for the Praxis of Tea, According to the Ensh? School; Part Two
著者名: A. Stephen, Gibbs
著者の別表記: アントニー・スティーヴン, ギブズ
Kyûgetsu-an' Sôshun'
汲月庵宗駿
キーワード: thick tea
reverence
social cooperation
utensil-examination
濃茶
崇敬
社交的協力
道具の拝見
論文発行年月日: 2010年10月
出版者: 関西大学外国語学部
雑誌名: 関西大学外国語学部紀要 = Journal of foreign language studies
巻: 3
開始ページ: 17
終了ページ: 56
抄録:  濃茶と薄茶の区別を述べてから、真の茶というべき濃茶が、小規模な集いである茶事においてどの役割を果たすか、そしてそれに相応しい客側の心構えを考慮してゆく。具体的な立ち居振る舞いとしては、もっとも格式の高い菓子器とされる、重箱形の縁高に入れて出された主菓子のいただき方、濃茶の適切な喫し方、回し飲みにかかわる作法、飲み口の清め方、亭主と正客の対話、茶入・その仕服(茶杓の拝見はすでに第一部で取り上げている)と、客よりそのような所望があった場合の、主茶碗の拝見の手順をそれぞれ詳説する。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2639
ISSN: 18839355
書誌レコードID: AA12450939
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学外国語学部紀要-第 3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100GK-20101000-02.pdf873.27 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP