関西大学学術リポジトリ >
0200 博物館 >
01 なにわ・大阪文化遺産学研究センター >
国際シンポジウム報告書 >
新発見「豊臣期大坂図屏風」の魅力 ― オーストリア・グラーツの古城と日本 ― ・ 新発見「豊臣期大坂図屏風」を読む >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/2706

Title: グラーツ市の大坂城図屏風が作画された経緯についての考察
Authors: エームケ, フランチィスカ
Author's alias: Ehmcke, Franziska
Issue Date: 31-Mar-2009
Publisher: 関西大学なにわ・大阪文化遺産学研究センター
Shimei: 国際シンポジウム 新発見「豊臣期大坂図屏風」の魅力 : オーストリア・グラーツの古城と日本 ; 新発見「豊臣期大坂図屏風」を読む
Start page: 27
End page: 32
type: Research Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2706
NCID: BA90541985
Text Version: publisher
Appears in Collections:新発見「豊臣期大坂図屏風」の魅力 ― オーストリア・グラーツの古城と日本 ― ・ 新発見「豊臣期大坂図屏風」を読む

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-0200NS2-20090331-09.pdf1.47 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP