関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
関西大学東西学術研究所紀要  >
関西大学東西学術研究所紀要 -第42輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/2795

タイトル: 『哲学一夕話』第一編にみられる井上円了の中道哲学
タイトル(その他言語/よみかな): Inoue Enryō's Philosophy of the Middle Way in the First Chapter of His Tetsugaku Issekiwa
著者名: 小椋, 章浩
著者の別表記: OGURA, Akihiro
キーワード: 中道
真如
井上円了
論文発行年月日: 2009年4月1日
出版者: 関西大学東西学術研究所
雑誌名: 関西大学東西学術研究所紀要
巻: 42
開始ページ: 69
終了ページ: 80
抄録: 本論文は、井上円了の『哲学一夕話』第一編を読むことによって彼の中道哲学を理解しようとするものである。Focusing on the first chapter of Inoue Enryō's Tetsugaku Issekiwa, this paper attempts to interpret his concept of the Middle Way.
Based on the philosophy of the Middle Way, Inoue Enryō (1858‒1919) argued the relations between things and minds of the world. Focusing on the first chapter of his Tetsugaku Issekiwa, this paper attempts to interpret his concept of the Middle Way. It is self-evident that there are different perceptions about fundamental principles of the world such as idealistic monism, dualism, and pluralism. According to Inoue, however, none of them are the truth. All these perceptions are embraced in the philosophy of the Middle Way. In this realisation of the Middle Way which is represented by the "A and non-A" logic, those perceptions are considered the same. Consequently, Inoue advocated a fundamental principle enryō 円了 which is a synonym for shin'nyo 真如 in Buddhism.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2795
ISSN: 02878151
書誌レコードID: AN0004709X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学東西学術研究所紀要 -第42輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400TGK-20090401-03.pdf277.59 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP