関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
関西大学東西学術研究所紀要  >
関西大学東西学術研究所紀要 -第42輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/2802

タイトル: 清末山東半島と朝鮮半島との経済交流
タイトル(その他言語/よみかな): Economic Exchange between the Shandong and Korean Peninsulas in the Late Qing Period
著者名: 松浦, 章
著者の別表記: MATSUURA, Akira
キーワード: 
山東半島
朝鮮半島
経済交流
中国帆船
論文発行年月日: 2009年4月1日
出版者: 関西大学東西学術研究所
雑誌名: 関西大学東西学術研究所紀要
巻: 42
開始ページ: 23
終了ページ: 35
抄録: The Shandong peninsula has maintained a close relationship with Korea through maritime activities since ancient times. Even today, there are far more overseas branches of South Korean companies than of other countries' ones in this region. This paper argues the relationship between these two regions, sustained by maritime transportation under the late Qing rule. One of the significant clues to reveal the actual circumstances of this economic exchange is the document dated April 1885, kept by Li Hongzhang, the commissioner of northern ports. He documented the number of the Chinese sail that entered the port of Inchon in Korea during the whole year of 1884. Analysing this particular document, the paper will show as to how the economic exchange between the Shandong and Korean peninsulas was conducted in the late nineteenth century.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/2802
ISSN: 02878151
書誌レコードID: AN0004709X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学東西学術研究所紀要 -第42輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400TGK-20090401-05.pdf543.29 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP