関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第 2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/3245

タイトル: ベトナムのフエ旧外港集落の天后宮と関聖殿の調査基礎報告
タイトル(その他言語/よみかな): Basic research report on Tianhou (Mazu) and Guan Yu Temples located at the outer port settlement of Huế in Vietnam
著者名: 野間, 晴雄
西村, 昌也
篠原, 啓方
佐藤, 実
岡本, 弘道
木村, 自
氷野, 善寛
熊野, 建
Nguyễn, Văn Đăng
Nguyễn, Mạnh Hà
著者の別表記: NOMA, Haruo
SATO, Minoru
キーワード: 天后宮(媽祖廟)
関帝廟
フエ
明郷
外港集落
論文発行年月日: 2009年3月31日
出版者: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian Cultural Interaction Studies
巻: 2
開始ページ: 261
終了ページ: 288
抄録: Minh Hương and Thanh Hà, two hamlets of the village of xã Hương Vinh along the riverside, used to function as the outer port in the northern suburb of Huế. The Tianhau temple and the Guan Yu temple, which were built as symbolic representations of borders, are in Minh Hương, a village of Vietnamese residents of Chinese descent. A basic survey of geographic information, textual materials and situation of religious beliefs has been conducted there. The two temples are facilities for religious beliefs with a history of more than 200 to 300 years. While the Tianhau temple is even now an object of faith among the mass of people of Chinese descent, the Guan Yu temple retains a strong character as an object of faith among the native Ðịa Linh residents. The historical and cultural background of the difference between the two temples should be explored.
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/3245
ISSN: 1882-7748
シリーズ番号/レポート番号: Vol.2
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第 2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
20_noma.pdf181.69 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP