関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
商学部 >
關西大學商學論集 >
關西大學商學論集-第51巻 第6号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/4115

Title: 地域振興と1村1品運動 : 大分ブランド・イメージ調査から
Other Titles: A Study of One Village One Product : Survey of Oita Brand Research
Authors: 大倉, 雄次郎
Author's alias: OKURA, Yujiro
Keywords: 1村1品運動
ブランド
外発的発展
内発的発展
クラスター
大分県
テクノポリス
BMO法
平松守彦
関西大学商学論集
関西大学
Kansai University
Issue Date: 25-Feb-2007
Publisher: 關西大學商學會
Shimei: 關西大學商學論集
Volume: 51
Issue: 6
Start page: 27
End page: 40
Abstract: 人口の東京集中が甚だしい中で地域が産業面,観光面の育成によって自立するために約25年前から推進された1村1品運動の成果の検証を今日喧伝されている地域ブランドのあり方を大分ブランド・イメージ調査結果もとに論じた。その結論は,第一に,地域ブランド政策は,補助金行政や表面的なイメージ戦略ではなく,生活するためのブランド政策でなければならないという点である。第二に,政策の継続性と広がりが様々な面(広範なきめ細かい地域単位,農林・魚業・工業・観光等の産業)で必要であるという点である。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/4115
ISSN: 04513401
NCID: AN00047023
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學商學論集-第51巻 第6号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100SR-20070225-03.pdf1.22 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP