関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第 4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/4282

タイトル: 高句麗太王陵出土銅鈴の釈読について
タイトル(その他言語/よみかな): Interpreting Inscriptions: the Goguryeo-period Copper Bell from the Taewang Imperial Tomb
著者名: 篠原, 啓方
キーワード: 好太王
銅鈴
太王陵
高句麗
集安
積石塚
広開土王
漢簡
論文発行年月日: 2011年3月31日
出版者: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian Cultural Interaction Studies
巻: 4
開始ページ: 33
終了ページ: 39
抄録: While only twelve characters were engraved on the surface of a small copper bell from the Goguryeo period that was discovered in the Taewang imperial tomb in Jian City, the inclusion of three characters, 好太王 hotaewang, make this bell a document of great historical importance. There are various suggestions for one of the characters in this inscription. This author argues that one of the characters is 教 from its similarity with the 漢簡 han wooden strips script style.
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/4282
ISSN: 1882-7748
シリーズ番号/レポート番号: Vol.4
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第 4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
04-shinohara.pdf11.9 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP