関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
02 文化交渉学研究拠点
Institute for Cultural Interaction Studies, Kansai University (ICIS)
 >
周縁の文化交渉学シリーズ >
Vol.1 東アジアの茶飲文化と茶業 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/4355

タイトル: 17世紀の遺跡から出土する煎茶道具
タイトル(その他言語/よみかな): The Tea Sets in 17th Century Sites of Japan
著者名: 稲垣, 正宏
著者の別表記: INAGAKI, Masahiro
キーワード: 築町遺跡
桜町遺跡
黄檗宗
急須
高遊外
論文発行年月日: 2011年3月31日
出版者: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
雑誌名: 周縁の文化交渉学シリーズ1 『東アジアの茶飲文化と茶業』
開始ページ: 201
終了ページ: 208
抄録:  17世紀代、長崎では清朝からの渡来僧による寺院が次々の創建され、寺院の行事や 習慣に伴う喫茶(煎茶)も伝来した。  また長崎に来住する唐人は大陸にいたころから煎茶に親しんでいたようであるので、 長崎では寺院・唐人・町人を問わず煎茶が普及したらしく、市内の町屋遺跡(築町遺跡・ 桜町遺跡)から煎茶道具が出土している。  京都には福建省から渡来した(黄檗宗の開祖)により煎茶が伝えられた可能性があり、 隠元の信者や交友関係を通じて煎茶が広まったことが分かる。  しかし、煎茶道具は貴族の御所に隣接する公家町屋敷跡からしか出土しておらず、 長崎ほどの普及状況でないことが分かる。  京都に煎茶が普及するのは高遊外(賣茶翁)が煎茶の啓蒙活動を始める18世紀になってからのことである。
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/4355
ISBN: 9784990516437
シリーズ番号/レポート番号: Vol.1
出現コレクション:Vol.1 東アジアの茶飲文化と茶業

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
11-Inagaki.pdf729.74 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP