関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第50巻 第1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/4414

Title: グローバリゼーション時代のレギュラシオン理論
Other Titles: The Theory of Regulation in the Age of Globalization
Authors: 若森, 章孝
Author's alias: Wakamori, Fumitaka
Keywords: 蓄積体制
調整様式
フォーディズム
勤労者社会
社会統合の危機
国家の役割
民主主義
公的空間
市民権所得
企業統治
資本主義
関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
Issue Date: 15-Jun-2000
Publisher: 關西大学經済學會
Shimei: 關西大學經済論集
Volume: 50
Issue: 1
Start page: 27
End page: 39
Abstract: 本稿は,第1に,「資本主義の黄金時代」(1945-74)をフォーディズムのロジックによって解明したレギュラシオン理論が,脱フォーディズムのさまざまな試みと冷戦体制の解体という1990年代の文脈の中で急速に進展した経済のグローパリゼーションとそれにともなう「勤労者社会の危機」をどのように理解しているか,グローパリゼーションの進行の中に資本蓄積の新しい源泉と新しい調整様式の萌芽を,それゆえ勤労者社会の新時代の可能性をどのように検出しているか,について考察する。本稿は第2に, 「勤労者社会の危機」をめぐるフランスの論争におげる4つの立場を検討し,グローパリゼーションの下で社会統合を確保するためには,公的討論による価値観の形成という意味での「政治的次元」と新しい市民権(市民権所得)が重要であることを指摘する。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/4414
ISSN: 04497554
NCID: AN00046869
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學經済論集-第50巻 第1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20000615-03.pdf1.79 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP