関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第51巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/4471

タイトル: 修正2次元統計量を用いた非条件付検定の性能について
タイトル(その他言語/よみかな): On the Performance of Unconditional Test Using Modified Two Dimensional Statistic
著者名: 松尾, 精彦
著者の別表記: MATSUO, Akihiko
キーワード: goodness of fit test
equality of binomial proportions.
関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
論文発行年月日: 2001年9月25日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 51
号: 2
開始ページ: 163
終了ページ: 177
抄録: いくつかの二項確率変数の等確率性検定を有意水増を固定して行う場合を考える.この検定を正確法で行うには,条件付・非条件付の2つのアプローチがあり,それらの検出力比較が行われてきた.この検定で気を付けなければならないのが検定統計量分布の離散性である.条件付・非条件付によらず,サンプル数が少ないときやサンプル数が等しい時には,検定サイズが有意水準に遠く及ばず,その結果として低い検出力が懸念される.この問題を解決するため,私は2つの精密化のための方法を提案している. 1つは条件付検定の精密化であり(松尾, 2000a).2つめは適合度検定統計量の条件付分布から構成される修正統計量を用いた非条件付検定である(松尾, 2000b). これらの方法を用いることにより,正確検定の問題点とされる,検定サイズが有意水準よりもはるかに小さくなるという問題を軽減することができた.これら2つの精密化法は,排他的なものではなく,同時に用いることができる.この論文では,従来のどのような方法を用いても高い検出力が望めない場面でも.2つの精密化法を同時に用いれば効率的な検定が行えることを数値例を使って実証する.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/4471
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第51巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20010925-03.pdf651.71 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP