関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第50巻 第3号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/4492

タイトル: [研究ノート] 貨幣と時の矢 : システム論による貨幣の哲学を目指して〔1〕
タイトル(その他言語/よみかな): Money and the Arrow of Time : Toward a Systemtheoretic Philosophy of Money (1)
著者名: 春日, 淳一
著者の別表記: KASUGA, Junichi
キーワード: 支払い/非支払い
出来事/反出来事
貨幣の可塑性
不可逆性
時の矢
社会的時間
加速危機
関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
論文発行年月日: 2000年12月15日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 50
号: 3
開始ページ: 287
終了ページ: 298
抄録: 市場経済においては,貨幣を支払えば原則としていつでも誰でも望む商品を手にすることができる(コミュニケーション・メディアとしての貨幣の一般化)。しかし,いったん購入した商品を返品し支払った貨幣を取り戻すことは通常できない。貨幣支払いのこの不可逆性はそれ自体なんら目新しい事実ではないが,本稿では(1)貨幣支払いとその不可逆性を社会システム論の文脈でとらえたうえで, (2)物理学的なイメージをも借りて,支払いの不可逆性が経済システムにおける時間の一方向性と結びついていることを示し,最後に(3)不可逆性の文明論的帰結を述べる。出発点となるのは,ルーマンが経済システムの基本的出来事(システム要素としてのコミュニケーション)とみなした支払い/非支払いという対概念である。ルーマンは支払いと非支払いの対称性を強調するが,両者には意思決定を伴うか否かをめぐって「対称性の破れ」 が見られる。筆者は出来事/反出来事という対概念を用いて非支払いを2種に区別したのち,支払いと同時に生じる反出来事としての非支払いに着目し,それが支払いの不可逆性発生の「現場」となる様子を明らかにする。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/4492
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第50巻 第3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20001200-06.pdf783.7 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP