関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会安全学部 >
社会安全学部-会議発表論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/4712

タイトル: 東南海・南海地震発生時の津波廃棄物発生量の推定手法に関する研究
著者名: 河田, 惠昭
小鯛, 航太
鈴木, 進吾
著者の別表記: KAWATA, Yoshiaki
KODAI, Kota
SUZUKI, Shingo
論文発行年月日: 2007年11月19日
出版者: 廃棄物学会
雑誌名: 廃棄物学会研究発表会論文集
巻: 18
開始ページ: 249
終了ページ: 251
資料種別: Conference Paper
著作権等: 原文リンク http://www.jstage.jst.go.jp/article/jswmepac/18/0/73/_pdf/-char/ja/
URI: http://hdl.handle.net/10112/4712
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:社会安全学部-会議発表論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20071119-02.pdf325.51 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP