関西大学学術リポジトリ >
0700 人権問題研究室 >
関西大学人権問題研究室紀要 >
関西大学人権問題研究室紀要-第61号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/4855

タイトル: 同一形態漢字語における中国朝鮮語に対する漢語の意味干渉の事例
タイトル(その他言語/よみかな): A Case Study about the Semantic interference of chinese Vocabulary into Chinese-Korean
著者名: 熊谷, 明泰
著者の別表記: KUMATANI, Akiyasu
論文発行年月日: 2011年3月31日
出版者: 関西大学人権問題研究室
雑誌名: 関西大学人権問題研究室紀要
巻: 61
開始ページ: 1
終了ページ: 156
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/4855
ISSN: 09119507
書誌レコードID: AN10034786
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学人権問題研究室紀要-第61号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0700-20110331-02.pdf5.83 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP