関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
01 アジア文化交流研究センター (CSAC) >
アジア文化交流研究 >
アジア文化交流研究-第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/4890

タイトル: 日中交渉史における時代区分の可能性
タイトル(その他言語/よみかな): On a Periodization for the History of Cultural Interaction between Japan and China
著者名: 藤田, 高夫
著者の別表記: FUJITA, Takao
キーワード: 時代区分
日中交流
文化交流
論文発行年月日: 2007年3月
出版者: 関西大学アジア文化交流研究センター (CSAC)
雑誌名: アジア文化交流研究
巻: 2
開始ページ: 313
終了ページ: 322
抄録: In this paper,the author examines some periodizations of the cultural interaction between Japan and China,and points out that not firm periodization can be seen in previous works on Japan-China relation. This lack of periodization,the author argues,is caused by the position of historical studies for cultural interaction.In Japan,a study of cultural exchange with China has been considered as apart of Japanese history,while,in China, a study for the cultural relation of China with Japan has been recognized as a supplementary part of the whole Chinese history. The author emphasizes the necessity of creating new periodization for the Japan-China interaction,based not on each history but on the interaction itself.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/4890
ISSN: 1881350X
書誌レコードID: AA12127423
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:アジア文化交流研究-第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20070300-01.pdf1.22 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP