関西大学学術リポジトリ >
0600 法学研究所 >
研究叢書 >
研究叢書-第21冊 OECDモデル租税条約は国際租税法の紛争解決規範となりうるか >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/4937

タイトル: 研究ノート 第5章 多国籍企業と国際課税原則 : G.C.ハフバウアウーの所説を中心に
著者名: 鶴田, 廣巳
著者の別表記: TSURUTA, Hiromi
論文発行年月日: 2000年3月31日
出版者: 関西大学法学研究所
雑誌名: OECDモデル租税条約は国際租税法の紛争解決規範となりうるか
開始ページ: 103
終了ページ: 124
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/4937
ISBN: 4906555144
書誌レコードID: BA46630088
シリーズ番号/レポート番号: 関西大学法学研究所研究叢書; 第21冊
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:研究叢書-第21冊 OECDモデル租税条約は国際租税法の紛争解決規範となりうるか

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0600-20000331-05.pdf19.01 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP