関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
外国語学部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/5019

タイトル: 研究論文における効果量の報告のために : 基本的概念と注意点
タイトル(その他言語/よみかな): Basics and Considerations for Reporting Effect Sizes in Research Papers
著者名: 水本, 篤
竹内, 理
著者の別表記: MIZUMOTO, Atsushi
TAKEUCHI, Osamu
キーワード: 効果量
統計的検定
検定力
サンプルサイズ
メタ分析
effct size
statistical testing
power
sample size
meta-analysis
論文発行年月日: 2008年3月21日
出版者: 関西英語教育学会
雑誌名: 関西英語教育学会紀要 『英語教育研究』
巻: 31
開始ページ: 57
終了ページ: 66
抄録: Reporting effect sizes is now mandatory when submitting research papers to professional journals in our field. In this paper, therefore, we introduce and discuss the fundamental concepts and some considerations of the effect sizes in EFL research in Japan.
資料種別: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/5019
ISSN: 09192662
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:外国語学部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20080321-01.pdf2.71 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP