関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
01 アジア文化交流研究センター (CSAC) >
アジア文化交流研究 >
アジア文化交流研究-第4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/5111

タイトル: 林泰輔と王国維ー出土資料研究黎明期の日中学術交流
タイトル(その他言語/よみかな): Hayashi Taisuke and Wang Guowei
著者名: 藤田, 高夫
著者の別表記: FUJITA, Takao
キーワード: 林泰輔
王国維
出土史料
骨格文字
日中学術交流
論文発行年月日: 2009年3月31日
出版者: 関西大学アジア文化交流研究センター (CSAC)
雑誌名: アジア文化交流研究
巻: 4
開始ページ: 73
終了ページ: 79
抄録: Hayashi Taisuke(l854-1922)was one of the Sinologists who flourished in the dawn of Oriental studies in Japan. He was essentially a philologist of Chinese Classics,but he devoted himself to the study of ancient oracle bone inscriptions in his later years. Shortly after he started the study of inscriptions,Wang Guowei (1877-1927),one of the greatest scholars of early Chinese history in Twentieth century,came to Japan.Wang acquainted himself with many Sinologists in Kyoto University,but he had no acquaintance in Tokyo except Hayashi. From the summer of 1915 to January of 1916,Hayashi and Wang exchanged their views about some technical terms in ancient Chinese texts,using Chinese classics and ancient inscriptions. Their association was very short,but both of them had a common hardship as pioneer in the research of excavated materials of early China,which made their academic exchange monumental
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/5111
ISSN: 1881350X
書誌レコードID: AA12127423
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:アジア文化交流研究-第4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20090331-01.pdf8.49 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP