関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
政策創造学部 >
政策創造研究 >
政策創造研究-第 4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/5188

Title: 書評 角田猛之著 『戦後日本の〈法文化の探究〉 ― 法文化学構築にむけて』
Other Titles: Book Review: Tsunoda Takashi, Inquiry into the "Theory of Legal Cultures" in Postwar Japan
Authors: 孝忠, 延夫
Author's alias: KOCHU, Nobuo
Issue Date: Mar-2011
Publisher: 関西大学政策創造学部
Shimei: 政策創造研究
Volume: 4
Start page: 59
End page: 68
Abstract: 本書の概要を紹介する前に、憲法学専攻、比較憲法研究をその主たる研究対象とする者が、なぜ本書の紹介・書評をおこなおうとするのか、という疑問に答えておきたい。まず、第一に、本書の内容が日本における憲法学研究、および比較憲法研究に欠かせない考察アプローチと視点を提示するものだからである。憲法解釈論にとっても同様である。 第二に、マイノリティ研究(広義の)に関心をもち、深くかかわってきた者にとって、本書が扱う内容、テーマはいずれも重要であり、その考察から得る示唆は貴重である。そして、第三に、これが最も痛切に感じたことであるが、新たな研究分野の開拓とその方法論の確立(本書では 「法文化学」)を明確に志向し、そのための着実な研究成果を積み重ねた集大成としての本書は、 伝統的・通説的な法学研究からの「離陸」、近年では「マイノリティ研究」方法論の構築を模索 する者にとって大きな励みともなるものだからである。本書は、角田猛之教授(以下、敬称を略し「角田」と略記させていただく。他の方々も同様 に敬称を略記させていただく。)が、1999年から2009年までの約10年間に公表した諸論文をベースにまとめた「法文化」に関する論文集である。「あとがき」にもあるように、それらを「かな り加筆・修正し、法文化と法文化学に関する総論たる『序』章を付したうえで、2部に編成して一書にまとめたものである。」以下、それぞれの章ごとの内容を紹介してみたい。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/5188
ISSN: 18827330
NCID: AA12336172
Text Version: publisher
Appears in Collections:政策創造研究-第 4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20110300-04(3).pdf694.87 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP