関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
理工系学部 >
環境都市工学部 >
環境都市工学部-雑誌発表論文等 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/5649

Title: 京都盆地における複数の揚水井が地下水性状に及ぼす影響と3次元揚水シミュレーション解析
Authors: 北岡, 貴文
楠見, 晴重
中村, 真
Author's alias: KITAOKA, Takafumi
KUSUMI, Harushige
NAKAMURA, Makoto
Keywords: 京都盆地
地下水
群井
水位変動
浸透流解析
Issue Date: Mar-2011
Publisher: 社団法人地盤工学会
Shimei: 地盤工学ジャーナル
Volume: 6
Issue: 2
Start page: 371
End page: 381
Abstract: 本研究は,京都府南山城地方を対象とし,複数の揚水井が及ぼす地下水性状への影響について,主として現場計測ならびに解析的に検討したものである。京都府南山城地方は京都盆地の南部に位置する。地質構造は,基盤岩上に砂礫層が厚く堆積しており,周囲を山地に囲まれた典型的な盆地構造を呈し,良質な地下水が豊富に賦存している。しかしながら,無作為な揚水を続けると,地下水の枯渇や地盤沈下といった問題を引き起こす恐れがあり,特に狭い範囲から多くの取水を行う群井の及ぼす影響は大きいと考えられる。そこで本研究では,1本当たりの揚水量が比較的に多い上水道用の揚水井を対象とし,揚水による地下水位への影響評価のためのシミュレーションを行った。その結果,本研究で作成した地層モデルを用いて,精度よく群井が及ぼす水位変動について推定することができた。
type: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/5649
ISSN: 18806341
Appears in Collections:環境都市工学部-雑誌発表論文等

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20110300-01(4).pdf1.71 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP