関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
理工系学部 >
環境都市工学部 >
環境都市工学部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/5770

タイトル: α-Al_2O_3微粒子の凝集・分散挙動におよぼすポリアクリル酸の効果
タイトル(その他言語/よみかな): Effect of Polyacrylic Acid on Flocculation and Dispersion Behavior of Fine α-Al_2O_3 Particles
著者名: 芝田, 隼次
藤井, 勝也
蓬莱, 賢一
村山, 憲弘
山本, 秀樹
著者の別表記: SHIBATA, Junji
FUJII, Katsuya
HORAI, Kenichi
MURAYAMA, Norihiro
YAMAMOTO, Hideki
キーワード: dispersion
flocculation
polyacrylic acid
suspension
bridging
論文発行年月日: 2003年11月20日
出版者: 化学工学会
雑誌名: 化学工学論文集
巻: 29
号: 6
開始ページ: 753
終了ページ: 759
抄録: 本研究では,α-Al2O3粒子懸濁液の分散性を明らかにするために,分子量,添加量およびpHの異なるいくつかのポリアクリル酸水溶液にα-Al2O3粒子を添加し,懸濁液中の微粒子の平均粒子径,懸濁液の沈降体積,濁度およびゼータ電位などの物性を測定した.水溶液中のα-Al2O3粒子の分散性におよぼすポリアクリル酸の効果とその作用機構をポリアクリル酸の分子長さおよび溶存状態の観点から検討した.Al2O3粒子の懸濁液に対して,平均粒子径,勇断応力,界面沈降速度,濁度などの物性を評価した結果,いずれの方法も微粒子の凝集・分散挙動を明確にできる方法であることが確かめられた.懸濁液に添加するポリアクリル酸の分子量および添加量を変化させると,Al2O3懸濁液の凝集・分散挙動は大きく変化した.ポリアクリル酸の分子量が20,000以下では,低い添加濃度域では微粒子は凝集し,高い添加濃度域では微粒子は分散した.分子量が450,000の場合では,高分子添加濃度にかかわらず凝集する傾向を示した.pHの変化によるポリアクリル酸の形態とAl2O3粒子の凝集・分散現象についても明らかにした. To clarify the flocculation and dispersion behavior of α-Al2O3 particles in aqueous solution, α-Al2O3 particles were added to various polyacrylic acid solutions differing in molecular weight, and added amount of polyacrylic acid, and pH. Median diameter, flow property, surface sedimentation rate, sedimentation volume, turbidity and zeta potential were measured for the α-Al2O3 particles in suspension. The effect of polyacrylic acid on the dispersion of α-Al2O3 particles and its mechanism were considered from the viewpoint of molecular length and dissolved state of the polyacrylic acid.Physical properties such as median diameter, shear stress, surface sedimentation rate and turbidity are suitable for judgment of the flocculation and dispersion behavior of fine particles. The flocculation and dispersion vary with the molecular weight and added amount of polyacrylic acid. In the case of polyacrylic acid with molecular weight under 20,000, Al2O3 particles are flocculated at low concentrations of polyacrylic acid but dispersed in high concentrations. When polyacrylic acid with molecular weight of 450,000 is added to the Al2O3 suspensions, Al2O3 particles are flocculated over the whole range of polymer concentrations. The effects of pH on the dissolved state of polyacrylic acid and the flocculation/dispersion behavior of Al2O3 are also clarified.
資料種別: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/5770
ISSN: 0386216X
書誌レコードID: AN00037234
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:環境都市工学部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20031120-04.pdf2.37 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP