関西大学学術リポジトリ >
0500 経済・政治研究所 >
研究双書 >
研究双書-第145冊 少子高齢化社会における世代間の自立・協力・公正 ― 年金・保険・所得の諸相 ― >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/585

タイトル: Ⅴ TFPの増加が賃金所得の増加に与える影響 コーホート分析の試み
タイトル(その他言語/よみかな): The Effect of Changes in Total Factor Productivity on Wage Income : A Cohort Analysis
著者名: 松下, 敬一郎
小林, かおり
著者の別表記: MATSUSHITA, Keiichiro
KOBAYASHI, Kaori
論文発行年月日: 2007年3月31日
出版者: 関西大学経済・政治研究所
雑誌名: 少子高齢化社会における世代間の自立・協力・公正 ―年金・保険・所得の諸相―
開始ページ: 103
終了ページ: 133
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/585
ISBN: 9784901522267
書誌レコードID: BA81944018
シリーズ番号/レポート番号: 研究双書 ; 第145冊
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:研究双書-第145冊 少子高齢化社会における世代間の自立・協力・公正 ― 年金・保険・所得の諸相 ―

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-145-20070331-05.pdf1.97 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP