関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
外国語学部-雑誌発表論文等 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/6008

Title: 効果量と検定力分析入門 : 統計的検定を正しく使うために
Authors: MIZUMOTO, Atsushi
TAKEUCHI, Osamu
Author's alias: 水本, 篤
竹内, 理
Keywords: 統計的検定
有意差
効果量
検定力
検定力分析
Issue Date: 6-Jun-2011
Publisher: 外国語教育メディア学会 関西支部メソドロジー研究部会
Shimei: 2010年度部会報告論集「より良い外国語教育のための方法」
Start page: 47
End page: 73
Abstract: 統計的検定は,標本から得たデータ分析結果を母集団にまで一般化させる目的で行われる。統計的検定では,サンプル・サイズ,有意水準,効果量,検定力の4つが検定結果の良し悪しを決定する重要な要素であるため,その基礎的概念の理解が検定を正しく使うためには重要である。そこで,本稿では,効果量と検定力分析の2つの概説を行い,統計的検定を用いている研究において,効果量報告と検定力分析の使用を推奨することを目的とする。
type: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6008
Text Version: publisher
Appears in Collections:外国語学部-雑誌発表論文等

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20110606-05.pdf858.36 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP